リウィウスを読もう!

ティトゥス・リウィウスの「ローマ建国以来の歴史」、
完全日本語訳がまだされていないこの史料を読もうという試みです。
自己中心的なことに、スタートは21巻からです。いつになることやら分からないけれど、エンドは30巻です。
要するに、第二次ポエニ戦争限定です。

*はじめてお越しの方は、「はじめに」をご覧ください。
22-11
ファビウス、軍団増強に取り掛かる。
ハンニバル軍の補給を阻止するため、焦土作戦を展開。
ファビウス、執政官セルウィリウスの軍勢を引き継ぎ、独裁官の権威をあまねく知らしめる。
穀物輸送船がカルタゴ艦隊に拿捕され、執政官セルウィリウスは海上警備を開始。
続きを読む >>
| livy | 22巻 | 19:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
22-10
Sacred Springの誓い。
大競技会の開催。
神々への奉納。
続きを読む >>
| livy | 22巻 | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
22-09
ハンニバル軍、数日間の休止。
アプーリアまで進軍し、行く手を略奪しまくる。
執政官セルウィリウス、ローマに帰還する。
独裁官ファビウス、フラミニウスの失態をその不敬によるものとし、神への償いを取り決める。
続きを読む >>
| livy | 22巻 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
22-08
ケンテニウス率いる騎兵4,000、ハンニバルに敗北する。
独裁官ファビウスおよび騎兵長官ミヌキウス、選出される。
続きを読む >>
| livy | 22巻 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
22-07
トランジメーノの戦い、その犠牲者の数。
ハンニバル、フラミニウスを葬ろうとするも遺体を見つけられず。
敗北の報がローマに届き、市民は嘆き悲しむ。
続きを読む >>
| livy | 22巻 | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
22-06
インスブルス族のデュカリウス、フラミニウスを討ち取る。
ローマ軍、潰走。
マハルバル、敗残兵を追撃する。
武装解除と引き換えに身の安全を保証するが、ハンニバルはこの協約を無効とし、投降者を捕虜とした。
続きを読む >>
| livy | 22巻 | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
22-05
フラミニウス、兵士を激励するも届かず。
恐慌状態に陥るローマ軍。
戦列も組まないまま、戦いはじめる。
大きな地震が起こるが、誰も気づかないほど戦闘は白熱する。
続きを読む >>
| livy | 22巻 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
22-04
ハンニバル、トランジメーノ湖岸に奇襲陣形を敷く。
フラミニウス軍、湖岸に到着する。
トランジメーノの戦い、開戦。
続きを読む >>
| livy | 22巻 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
22-03
ハンニバル軍、湿地を抜ける。
ハンニバル、執政官フラミニウスの気質を知り、判断力を失わせるためにあたり一帯を略奪する。
フラミニウス、この罠にひっかかって激昂する。
続きを読む >>
| livy | 22巻 | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
22-02
ハンニバル、アペニン越えを決行する。
湿地帯ルートを選び、苦しい行軍をする。
ハンニバル、片目を失う。
続きを読む >>
| livy | 22巻 | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

このページの先頭へ