リウィウスを読もう!

ティトゥス・リウィウスの「ローマ建国以来の歴史」、
完全日本語訳がまだされていないこの史料を読もうという試みです。
自己中心的なことに、スタートは21巻からです。いつになることやら分からないけれど、エンドは30巻です。
要するに、第二次ポエニ戦争限定です。

*はじめてお越しの方は、「はじめに」をご覧ください。
21-63
新執政官フラミニウス。任地アリミヌムへ発つ。
元老院とフラミニウスの不仲について。
フラミニウスに対する元老院の非難。
フラミニウス、任期第1日目に供儀を行うが失敗し、よからぬ前兆とみられる。
続きを読む >>
| livy | 21巻 | 15:49 | comments(0) | - | - | -
21-62
ローマで起こった不思議な出来事と、それへの対応。
続きを読む >>
| livy | 21巻 | 15:46 | comments(0) | - | - | -
21-61
ハシュドゥルバル、対グナエウスのために北上。
ローマ艦隊、ハシュドゥルバルの奇襲を受ける。
グナエウス、扇動されたイレルゲテス族の鎮圧に向かう。
すでに積雪の頃、グナエウス、アウセタニ族に包囲戦を敷く。
続きを読む >>
| livy | 21巻 | 19:26 | comments(0) | - | - | -
21-60
グナエウス・スキピオ、エブロ川北部の沿岸地域をローマの支配下に置く。
カルタゴ将ハンノ、グナエウスと開戦。
ローマ軍が勝利する。
続きを読む >>
| livy | 21巻 | 19:24 | comments(0) | - | - | -
21-59
ハンニバル、アペニンから一時撤退する。
センプローニウスと苛烈な戦いが繰り広げられる。
両軍、一時プラケンティアを離れる。
ガリア人がローマの会計官を捕らえ、ハンニバルの元に連れてくる。
続きを読む >>
| livy | 21巻 | 18:58 | comments(0) | - | - | -
21-58
春いまだ浅い中、ハンニバル軍は厳寒のアペニン越えを決行する。
寒さが進軍を阻み、甚大な被害が出る。
続きを読む >>
| livy | 21巻 | 18:56 | comments(0) | - | - | -
21-57
翌年の執政官選出。
冬営中のハンニバル軍の動向。
プラケンティア近郊の穀倉を落とそうとするも、成功せず。
Victumviaeで悪行の限りを尽くす。
続きを読む >>
| livy | 21巻 | 18:52 | comments(0) | - | - | -
21-56
トレッビアの戦い、終局。
離脱を図るローマ軍。
離脱に成功した者はプラケンティアにたどり着く。
ハンニバル軍は勝利の余韻に浸る余裕もなく、厳しさを増した寒さに耐える。
夜間、コルネリウスはひそかに陣を打ち払い、クレモナに至る。
続きを読む >>
| livy | 21巻 | 18:50 | comments(0) | - | - | -
21-55
両軍、戦闘配置。
戦闘開始。
ローマ騎兵が破れ、続いて歩兵も崩れ始める。
そこへ伏兵部隊が襲い掛かり、ローマ歩兵軍団は壊滅の危機に瀕す。
象と対峙した部隊は予想外に持ちこたえた。
続きを読む >>
| livy | 21巻 | 18:34 | comments(0) | - | - | -
21-54
ハンニバルの戦闘準備。
弟マゴーネに一隊を与えて茂みに潜伏させる。
ヌミディア騎兵を先発させ、センプローニウスをおびき出す。
センプローニウスはまんまと罠にかかり、陣から飛び出す。
この日・この地は、厳寒。
寒さと空腹でローマ軍は弱り始める。
続きを読む >>
| livy | 21巻 | 18:29 | comments(0) | - | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ